水泳の豆知識

水泳の豆知識

水泳をすると体にいいことが沢山あります!!!
そこでこのページでは水泳にまつわる豆知識と雑学をご紹介します。

 

 

 

 

気分転換に効果絶大「水泳」の健康効果

 

大人になってから「水泳」をする機会はありましたか?
実は、「水泳」には水に体を浸けることで
気分のリラックス効果があることが明らかになっています。
では、具体的にどのようなリラックス効果があるのでしょうか。
まず、水圧により体液や血液がスムーズに流れやすくなるという利点があります。
大人になりますと運動をする機会があまりないので
血液の流れが鈍くなります。
水泳をすることで体の負荷が抑えられ
血液がスムーズに流れるようになりますので
疲労しにくい体づくりに適しています。
特に血液がスムーズに流れやすくなるという利点は
疲れにくい体を作りストレスを発散させ、
リラックス効果がありますので
疲れやすい人は「水泳」をすることをおすすめします。
また、心肺機能を上昇させ筋肉を形成する効能もあります。
さらに、肥満体質の方にも

胃腸の働きを活性化させる効能もありますので
おすすめです。
また、アンチエイジングにもおすすめです。
水に浸かることで皮膚のハリがアップします。
以上のように「水泳」には有酸素運動の代表的な存在であることが理解できたと思います。
ぜひ、気分転換して心と体をリフレッシュさせたい方は「水泳」をする機会を設けてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

水泳はダイエットに効果的

年齢を重ねますと体脂肪の消化能力が
だんだんと衰えていき、疲れやすくなります。

 

特に学生のころなどは運動をする習慣があった人も
社会人などになると食生活の乱れや運動をする習慣がなく肥満になる人も多いです。

 

また、年齢による基礎代謝の低下、免疫力などの低下から体調不良になりやすくなります。
自然治癒能力も低下します。

 

そんな方たちにおすすめのスポーツがあります。
それは「水泳」です。

 

なぜ、「水泳」をお勧めするのかと言いますと
ランニングや筋トレに比べて比較的
とっつきやすく、ケガもしにくいという利点もあり
周りの目も気にならないという利点もあり
伸び伸びと気分転換ができるからです。

 

また、「水泳」は腹式呼吸を自然と行うことができますので
体内に多くの酸素を取り入れることができます。
ランニングや筋トレなどの激しい運動をしなくても
ダイエット効果が得られます。

 

さらに「水泳」は全身の筋肉を使いますので
消費カロリーも大きくなります。
短時間でエネルギー消費を行える上、
リフレッシュ効果もありますので
ぜひ「水泳」をしてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、ダイエットに関してはサプリメントやむやみやたらに
食事制限をしすぎては本末転倒です。

 

ですので、まずは運動を始めてみることをおすすめします。

 

ランニングや筋トレは女性の方からしてみれば
きついでしょうから
まずは「水泳」をきっかけに
水中を歩く習慣を実生活に取り入れてみましょう。

 

 

 

 

水泳に苦手意識がある人へ

 

気分転換やリラックス効果として
「水泳」を挙げましたが、中には
小学生や中学生のころの水泳の授業の影響で
泳ぐのが苦手という方もいると思います。

 

いまだにまともに泳げないという人も
たくさんいますからそんなに深く考える必要は
ありません。

 

そこで、そういう方たちのために
水泳の効果的なコツを挙げていきます。

 

まず泳げないという場合には
とりあえずプールの水に浸かってみましょう。

 

例えるならば、お風呂に入る感覚でプールに入ってみればよいのです。
それだけでも、リラックス効果やリフレッシュ効能を得られます。

 

また、泳げなくても水中を歩くだけでも
道路を歩くよりも少ない負荷で
酸素を多く皮膚から供給しますので
それだけでも筋肉を引き締める効果は得られます。

 

 

泳げない人の特徴としては
プールに顔をつけることができない
もしくは
プールの中で泳ぐ際に上手く息継ぎができない
というのもあると思います。

 

その際はぜひスイミングスクールなどに通い
平泳ぎやクロール、背泳ぎ、バタフライなどを練習し、
自分の苦手を克服してみてはどうでしょうか?

 

子供のころには苦手だったものも
大人になってみると違う見方で物を見れるようになり、
泳ぐことへの苦手意識(コンプレックス)が解消されると思いますよ。

 

 

 

社会人が水泳をするには何処ですればいい?

 

みなさんは「水泳」はどこでやっていらっしゃいますでしょうか?

 

水泳をするといっても、ウォーキングのように気軽に始められないところがあります。
当然のことながら、プールが必要だからです。

 

社会人が水泳をするには
市民プールを利用する方法やスポーツジムのプールを使用するなどの方法があります。

 

市民プールは1回につき数百円で利用できますので
安価です。

 

ただ、スポーツジムのプールは月額料金がかかるのが
一般的ですがトレーナに指導をしてもらえる場合があります。

 

ただしい泳ぎ方を習得するのならば
スポーツジムがおすすめだと思います。

 

月額料金はかかるとしても
自分の体の疲労や気分転換のための投資と思えれば
安い投資だと思います。

 

といいましても、
決断するのは自分自身ですから
自分が最も利用しやすい方法で水泳を行い、自分の目的を達成するようにしましょう。

 

「水泳」には年齢にかかわらず気軽に始められ、
健康維持やダイエット、気分転換などのリフレッシュ効果などもありますし
その日の体調に合わせて無理なく続けられますので

 

自分の生活の中に「水泳」をする習慣を
取り入れてみてください。

 

疲れ知らずの体を手に入れ、今後の自分の体調にも影響がでますので
ぜひ真剣に病気予防のために自分の体に
一生懸命向き合ってみてみるのもいいのではないのでしょうか?

 

 

 

度数付きのゴーグルを購入する際の度数は?

 

視力が悪いとプールで泳ぐときに
周りの景色が見えにくく、リラックス効果のある「水泳」のはずが、
逆にストレスを抱えてしまうことが
あると思います。

 

そこで今回は度付きゴーグルというのが
あるということを紹介しようと思います。

 

まず、度数付きのゴーグルを購入する際、度数はどうしたらよいでしょうか?

 

そこで注意するべき点は
水中では物が1.3倍に見えるという点に注意しないといけません。

 

ですので、普段、眼鏡やコンタクトを着用しているものの度数の2〜3倍落とした度数を
選ぶのがベストです。

 

水中ゴーグルの度数と普段つけているコンタクトなどの度数を同じにしてしまうと、

 

水中の中では頭がくらくらし、気持ちも悪くなり
かえってリラックス効果のある「水泳」もストレスになってしまいます。

 

では、度付きゴーグルはどこで買えばよいのでしょうか?

 

初めて購入する際にはスポーツ用品店やスポーツジムなどに試着用のレンズがありますので

 

装着感や使用感を直接確認することができますので
ぜひ「度付きゴーグル」に興味がある方は
行ってみるといいですよ。

 

また、コンタクトについてなのですが、

 

コンタクトはできるだけ高価なものをつけるよりも
ワンデー(1day)の使い捨てコンタクトを装着することをおすすめします。

 

水中だとコンタクトを紛失する可能性が高いからです。

 

使い捨てコンタクトならば予備を持っていれば
コンタクトを紛失したとしても
また装着が可能ですので

 

もしコンタクトを紛失してしまったら
という不安感は取り除かれ、

 

「水泳」に集中することができます。

 

 

ぜひ、視力の悪い方も「水泳」をして
日頃のストレスを発散してみては
どうでしょうか?